和紅茶の専門販売店koccha-waccha(コッチャワッチャ)

和紅茶を読む vol.8「和紅茶の健康的メリット」

和紅茶の健康的メリット(更新日:2018/01/10)

和紅茶の健康的メリット

 

今回は神戸市内のJR須磨駅近くにあるsweets cafe Richeの、管理栄養士であるオーナー様に伺ったお話を参考にした「和紅茶の健康的メリット」について記述させていただきます。

海外産の紅茶にはない「和紅茶」ならではの健康的にうれしいポイントは、大きく分けて下記の2点になります。
・砂糖を入れずにストレートで愉しめる
・日本で育った茶葉を使用しているので日本人の体によく合う

砂糖については少量ならばともかく、飲み物などに毎回入れて流し込んでしまうと、カルシウムやビタミンB1の欠乏、ショ糖による腸内の悪玉菌の増加などを招いてしまうことがあります。
また、虫歯菌である「ミュータンス菌」は糖類を栄養源としているので、虫歯を招いてしまうこともあります。
渋みの強い海外産の紅茶であれば砂糖で渋みを抑えないと飲めない方も多いですが、糖質は食事時に炭水化物から摂取するのが理想的です。
砂糖を入れなくても渋みがほとんどなく、ほのかな自然な甘味を愉しめる和紅茶ならリスクの少ないリラックスタイムを愉しめます。
ちなみに、ミルクを入れずに愉しめるということも和紅茶のメリットですが、これは健康的メリットと言うよりも手間やコスト削減というメリットがあると思います。例えばオフィスドリンクとしてミルクティーを飲みたくても牛乳の保管場所がなくて飲めないということもありますので、そういう面では和紅茶は飲む場所やシーンを選びません。

「日本で育った茶葉を使用している」ということも、大きな健康的メリットです。
日本人の体には日本で育った食材を取り込んだ方が体に負担がなく、拒否反応による体への影響や、余計なエネルギーの消費といった心配がありません。さらに当店で取り扱っているような無農薬で育った茶葉を使っている和紅茶なら、余計な成分が付着していないため体に負担をかけることなく愉しめます。

以上のことから「和紅茶の健康的メリット」は、「素材のままで愉しめるため、体に余計な負担やリスクを与えない」ところにあると言えます。つまり和紅茶は日本人の心と体を安らげるリラックスタイムの飲み物として最適であると言えますね。

上記の他にも、紅茶自体の特徴ですがタンニンによる抗酸化作用、殺菌作用、紅茶カテキンによる脂肪吸収抑制作用、体に不要な水分は排出しながら必要な水分は溜め込む作用などがあります。
和紅茶で、心身ともに健やかなリラックスタイムをお過ごしください。


<前の記事へ

記事一覧

次の記事へ>


この記事をTwitterでシェア > 

カートを見る

ページtopへ