和紅茶の専門販売店koccha-waccha(コッチャワッチャ)

和紅茶を読む vol.9「お茶の振興に関する法律」

お茶の振興に関する法律(更新日:2018/01/16)

お茶の振興に関する法律

 

平成23年4月、「お茶の振興に関する法律」というものが公布・施行されていたことはご存知でしょうか。

お茶の振興に関する法律とは、その名の通り「茶業を発展させていくための法律」です。
「茶業の健全な発展及びお茶の文化の振興」を目的とし、「農林水産大臣による基本方針」や「都道府県による振興計画」の策定や、「国及び地方公共団体による支援施策」の実施について定めています。
この法律が成立した理由としては、下記2点が挙げられます。
・お茶の伝統や文化が、国民の生活に浸透している、文化的にも経済的にも重要な産業である
・すでに法律により支援策が講じられている畜産物、米、野菜及び果実に続く重要な分野でありながら、法律による支援策が講じられていない

こうした背景があり平成23年4月に公布・施行されたことにより法律が出来たことで、事業の推進や予算の確保が容易になるとのことでしたが、平成27年6月11日の静岡県牧之原市議会定例会において中野康子議員は
「法律ができて、これで農家は救われる、法律で守ってもらえるものがあると心強く感じていたが、残念ながら茶業を取り巻く環境は年々厳しくなってきており、期待通りになっていないのが現実である」
といった発言をしています。

その一方で当店でも取り扱っている「仙霊茶」は、産地である兵庫県神河町が、後継者不足により消滅しかけた茶畑を、「事業継承プロジェクト」として町をあげて生産、PRされているお茶であり、振興に積極的に取り組まれている例と言えます。

仙霊茶の例もあれば、先述の中野康子議員は同議会において「(茶の)輸出はこの10年間で4倍に増えている」とも発言しています。当店は「和紅茶」の専門販売店として、インターネット通販や催事イベントなどを通じて和紅茶を「新たな嗜好品の1つ」として国内の日常生活にもっと普及させていくことにより、茶業の発展、すなわち「お茶の振興」に貢献していきたいと思っています。


<前の記事へ

記事一覧

次の記事へ>


この記事をTwitterでシェア > 

カートを見る

ページtopへ